〈SQ3週前〉

上昇。

上昇していったんの上値抵抗帯である28200円前後を上抜いていきました。売買高が少ないためあまり信用できませんが、しばらくは上でしょうか。上なら上で一気に29000円くらいまで突き抜けてくれた方が良いのですが、何か材料がないとそこまでは難しいか。

期先のプットの売り玉の利確しました。バラバラと建てていた売り玉をP25375に8枚でまとめました。同時に期先のプットの買い玉も500円幅引き上げておきました。

また、2022年のSQ値はこれまでの11回中6回が28100〜28500前後の間で収まっており、29000までは難しいかぁ、という読みのもと、期近のプットもP29000まで引上げてしまいました。

今回はジリジリと上昇してくる相場だったとしても対応可能です。もちろん、急落は大歓迎。

さてさて、どちらに動くか、はたまたレンジ相場に戻り動かないのか。



【先物】
現在、保有している日経225先物ミニ取引のポジションは以下のとおりです。

 

【OP】
現在、保有している日経225オプション取引のポジションは以下のとおりです。
 
    1月限 C30250  @ 100円 -6
    1月限 C30000  @   97円 -2

  12月限 C29125  @ 100円 -2
  12月限 P29000  @ 720円 +2
    1月限 P28500  @ 765円 +2
    1月限 C28000  @ 810円 +2

  12月限 C27625  @ 785円 +2
  12月限 P26375  @ 102円 -2
    1月限 P25375  @ 100円 -8
   


(売玉)  +40.4万  (買玉)  ▲26.0万
(決済)  ▲22.0万        《合計》 ▲7.6 

*売り玉の損益が間違って記載されていました。遡って訂正 しております。
*期先の売り玉の損益は12月限に計上し、期先の買い玉の
    損益は1月限に繰り延べます。


(7回目) 



〈投資実績〉

・2022年11月限   +1,507,000円
・2022年10月限   +1,132,000円
・2022年    9月限   +1,679,000円
・2022年    8月限       +599,000円
・2022年    7月限   +1,216,000円
・2022年    6月限  +861,000円
・2022年    5月限  +607,000円
・2022年    4月限  +540,000円
・2022年    3月限  +860,600円
・2022年    2月限  +604,000円
・2022年    1月限  +643,000円

【2022年合計】   +10,248,600円


・2021年12月限  +244,000円
・2021年11月限  +757,000円
・2021年10月限  +677,000円

【2021年合計】      +1,678,000円


【資産残高(11月限終了時点)】
                                       14,926,660円
       *2021年9月から元金300万円でスタート


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

にほんブログ村


先物・オプションランキング